« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月26日 (火)

ヨーグルトでマンゴープリン

Img_9335       REALSIMPLEに載ってた超簡単レシピ。パティシエ顔負けのおいしいマンゴープリンとあったので、これは作らねば!と、Oisixで購入したマンゴージュースと木次のヨーグルトでtry。
粉ゼラチン5g、水30cc、砂糖30g、ジュース300cc、ヨーグルト75g。ヨーグルトが入ってるだけに当然酸っぱめ。夫の反応は今ひとつ。やっぱり生クリームで作った方が美味しいよね~。ゼラチンはもうちょっと少なめでも良いかな~。ゆるゆるが好みなので・・・。
しかし、こういうときに上にちょこんと飾るミントなんかがあるとイイんだが・・・sweat01
1793_140_2 clipmemo・・・「キング・オブ・マンゴー」として有名なアルフォンソマンゴーの産地、南インドのラトナギリ地区。アラビア海沿いの契約農園(安心・安全の認証基準「EUREP GAP」指定農園)で栽培された完熟マンゴーのみを使用。低温でゆっくり殺菌しているため、アルフォンソマンゴー本来の芳醇な香りと酸味、さわやかな甘みをそのまま賞味。

| | コメント (0)

2008年8月15日 (金)

ポワンエリーニュ&簡単お菜

Img_9087               先日夫が新丸ビルから電話かけてきたので、ポワンエリーニのパンをお願いした。カード払いで明細がない!いやもらい忘れたか・・・。私だったら、パンの内容メモしてくるんだけど、まさかそんなこと頼むわけにもいかず・・・。でも幸いサイトでは丁寧に紹介されていた。
ノワもバルベスもそれぞれクルミとコーンがずっしり詰まってて美味。ゴルゴンゾーラが入った平たいパンもなかなか。一番手前のという名前のクロワッサンは、砂糖不使用なのに、ハチミツが入ってるかのような甘さでビックリ。
久々のおかずmemo。簡単小鉢。
Img_9187 水なすきゅうりを塩でしんなりさせて、ごま油とだし醤油で軽く味付け。炒り胡麻もまぶして。

| | コメント (0)

2008年8月14日 (木)

札幌から寝台特急&番外編

Img_6372_2Lambuutam_2 JRタワーホテル日航札幌の一日目の朝食はビュッフェを選択。ランブータンっていう初めてのフルーツを体験。味はライチ似?私はまだライチのほうがイイかも・・・。二日目は和定食にしたんだけど、前日のビュッフェと同じ料金設定なのに、内容が大したことなくてがっかり。
Img_6395 札幌二日目は行った処ばかりだけど、赤レンガ庁舎と時計台。お昼は穴場のラーメン屋一粒庵で塩ラーメンと味噌ラーメン。すごく丁寧に作られてるな~って感じで美味。
Img_6437そのあと夫のリュックや土産物を買ったりして、JR改札へ。初めての寝台特急カシオペア!fuji 個室だけど、何せ急な予約だったので、良い部屋は取れなくて、二階建ての下の階。でも設備はちょっとしたビジネスホテル並み。BS放送が見られるテレビ付き。ほとんど列車位置表示にしてたけど。WCの背面の部分が格納式の洗面になってるのがビジュアル的に強烈部屋は暗証番号でロック出来る仕組み。16:12札幌発で、上野着が翌朝9:25。17時間余りもかかるのね。ビックリしたのは札幌から函館まで5時間近くもかかるってこと。多少遠回りしてるとは言え、北海道は広いんだ~と実感。
Img_6430ダイニング車での夕食は予約が取れなくて、大丸で買ったなだ万のお弁当。
ソファーを倒してシーツのセッティング。なんか修学旅行のような、キャンプのような、楽しいひととき
Img_6435_5     22:40過ぎに青函トンネルを抜けて、さて朝も早いし寝るか~っと寝の体勢に入ったんだけど、耳栓の効果むなしくなかなか寝られず、青森の夜景でも見てから・・・と結局24時過ぎまで起きていた。夜中2度ほど目が覚めて、5時半ごろ起床。7時前に食堂車へ。すでに列。15分位待ったかな。動く列車の中でこの内容で1600円は、安いような・・・。でも、この寝台特急。けっこう高くて、札幌から上野まで乗車券・特急券合せて一人32320円。羽田から旭川までが30300円だから、時間はかかるしお金もかかるし、意外に贅沢な旅です。でも、考えてみたら宿泊代も兼ねてるわけだものね。
Ma330040 番外編で、この日は新宿で買い物ツアー。2万歩以上歩いた。夕食に入ったタイ料理のバンタイ
夫が東京に赴任してたときよく来たらしい。私が度肝を抜かれたのがカウパッサパロッ パイナップル入り焼飯(@850) 美味しいのなんのってhappy02 見た目もカラフルで何とも言えない忘れられない一皿。なんとか再現させておうちでも作りたい!入ってた具材は・・・レーズン・コーン・人参・ピーマン(緑/赤)・エビ・卵・玉ねぎ・忘れちゃいけないパイナップル。あと(ホントは苦手な)パクチーの風味。味付けはやっぱりナンプラー効かせてあるのかな~。また食べた~い!!

| | コメント (0)

2008年8月11日 (月)

view@富良野&札幌stay

やっと旅日記終了。あとは写真の整理のみ。
富良野での風景
Img_6362_2札幌に近づくにつれてこんな景色もなくなる。
Img_8832傾き加減が、考え事をしている哲学者をイメージさせることから、哲学の木と云われている木。
JRタワーホテル日航札幌には2泊。最初に案内された部屋は33階だったんだけど、入った途端タバコ臭 すかさず替えてもらえないかお願い。部屋で待機している間は、ベッドでゴロンとかも出来ないので、雨で眺望は今ひとつだけど窓の外を眺めていたら、なんと雪がsign02 この日の札幌の最高気温は21℃だから、涼しいといえば涼しかったんだけど、これだけ上層階の辺りだと雪なんだ~。近くに同じぐらいの高さのマンションがあるんだけど、そこの住人は間違っても冬はむろん夏でも洗濯物干せないかも~。
さて部屋は変更OKで2つ下のフロアだけど、フロア全体が禁煙で安らぎの部屋仕様で、ベッドのマットが低反発なのと、マッサージチェアが置いてあるのが特徴。ラッキーじゃないのsmile
Img_6371re夜は、以前来たときサーモンのお寿司を食べて感動したすし善の本店は予約でいっぱい。近くの大丸のレストランフロアでも覗いてみるか。と行ったところ、なんとすし善が入ってた!良かった。予約が入ってるのか、カウンターで1時間とちょっとの時間制限あったけど、割とゆっくり食べられた。
次の日はちょっとマイナーな北海道開拓の村へ。歩いた~。
Img_6385 3時過ぎ頃から雨。ちょうど札幌ドームの近くだったので見学。展望台見る頃には雨も上がってキレイな景色。夜はだるまでジンギスカン。一人でも二人でも最初に鍋に載せられる野菜の量が一緒ってどういうこと~?

Img_6356プリウスの走りっぷりにビックリ。トータル320km走って11.8ℓ。27kmの燃費。こんな表示も出るのね。プリウス欲しくなった。高いけど・・・。

| | コメント (0)

2008年8月 5日 (火)

富良野stay②

昨日も猛暑で、甲府はまたもや37.8度。さすがの私もエアコンon。おかげで旅日記も進んだけど、最近パンフやカタログから切り抜いた写真やイラストを貼り付けたりしているので、けっこう時間がかかる。あともう少し
そうそう、夕方から凄い雷雨で、6時半頃停電に。窓から街を見下ろすと、信号も消えてるsign03 怖い~。(実際ひき逃げ死亡事故もあったみたい)まだ真っ暗な時間じゃないから料理は作れそうかと思ったんだけど、そういやウチはオール電化。ダメじゃないの・・・。で、たまたま早く仕事を終えた夫がデパートにいたので、何か買って来て。とお願い。結局30分足らずで回復したんだけど。こんな経験初めてだからあたふた。でも夫はデパートでもっとエキサイティングだったらしい。携帯の光で照らしてお惣菜選んだり・・・。まあ真っ暗ではなかったようだけど。
さて、富良野の続き。
Img_8774フラノ寶亭留の朝食も南瓜のポタージュスープもあったり、朝からfullな感じ。パンもどれも美味。スプレッドにキャラメルクリームのようなものがあって、クロワッサンにつけていただいたら合う~。

Img_8749

Img_8745Img_8950 さて、この日のメインは富田ファーム。石けん教室で、別のグループの人が行った話をちらっと耳にしてて、ラベンダーの中で「おかむらさき」っていう品種のものがコスメにはイイ。っていう話を聞いてて興味津々。
でもおかむらさきの精油は限定だったせいか、その日はなくて残念。でもお店の人に訊いてみれば良かったなと今さらながら後悔。香水の舎では、普段香りなんかつけないのに血迷ってプチコロンを購入。優しい香りだから、汗拭きタオルをかにシュッてしたりするとイイかも。
Img_8851 その後は、一般的な観光施設や風景を楽しみ、夜は元祖・富良野カレーのお店唯我独尊(ゆいがどくそん)へ。ガイドブックに載ってるお店ってあんまり信用できないけど、るるぶの地産地消グルメの頁に載ってたので・・・。壁には来た人が貼っていった無数の名刺。地元の人も多くて安心した。6時前に入ったんだけど、それでもそのあと待ち客が出てた。辛~っ!coldsweats02 あとで見ると、ライス炊くときにもスパイス入れてるみたい。夫は自家製ソーセージ付きカレー。私はオムカレー(こっちはやや甘口)各1100円。
この日の宿は新富良野プリンスホテル。他にオリカっていうホテル気になってたけど予約取れなくて、ここに。近くにニングルテラスっていうショップエリアがあって、お楽しみはこれくらい。でも、部屋に入るとてるてる坊主が置いてあって、正しく翌日は雨っぽい予報だったから嬉しかった。可愛いしお持ち帰り~note
Img_6365 朝食はビュッフェで、パンフリークとしてはやっぱり一通り持って来ちゃう。もちろん夫と半分ずつだけど。これだけでお腹いっぱいなのよね。
富良野チーズ工房などを見て、ホテルでもらったガイドmapで「玉ねぎ発祥の地」なるものを見つけて行ってみたら、何のことはない、「富良野での」発祥の地だった。そりゃそうでしょ~よcoldsweats01 でもさすが北海道。玉ねぎ貯蔵庫なる大きな倉庫が何件かあった。
てるてる坊主の威力不足か、札幌に向かう途中、昼過ぎぐらいから雨。そのままホテルに向かうことに・・・

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »