« 富良野stay① | トップページ | view@富良野&札幌stay »

2008年8月 5日 (火)

富良野stay②

昨日も猛暑で、甲府はまたもや37.8度。さすがの私もエアコンon。おかげで旅日記も進んだけど、最近パンフやカタログから切り抜いた写真やイラストを貼り付けたりしているので、けっこう時間がかかる。あともう少し
そうそう、夕方から凄い雷雨で、6時半頃停電に。窓から街を見下ろすと、信号も消えてるsign03 怖い~。(実際ひき逃げ死亡事故もあったみたい)まだ真っ暗な時間じゃないから料理は作れそうかと思ったんだけど、そういやウチはオール電化。ダメじゃないの・・・。で、たまたま早く仕事を終えた夫がデパートにいたので、何か買って来て。とお願い。結局30分足らずで回復したんだけど。こんな経験初めてだからあたふた。でも夫はデパートでもっとエキサイティングだったらしい。携帯の光で照らしてお惣菜選んだり・・・。まあ真っ暗ではなかったようだけど。
さて、富良野の続き。
Img_8774フラノ寶亭留の朝食も南瓜のポタージュスープもあったり、朝からfullな感じ。パンもどれも美味。スプレッドにキャラメルクリームのようなものがあって、クロワッサンにつけていただいたら合う~。

Img_8749

Img_8745Img_8950 さて、この日のメインは富田ファーム。石けん教室で、別のグループの人が行った話をちらっと耳にしてて、ラベンダーの中で「おかむらさき」っていう品種のものがコスメにはイイ。っていう話を聞いてて興味津々。
でもおかむらさきの精油は限定だったせいか、その日はなくて残念。でもお店の人に訊いてみれば良かったなと今さらながら後悔。香水の舎では、普段香りなんかつけないのに血迷ってプチコロンを購入。優しい香りだから、汗拭きタオルをかにシュッてしたりするとイイかも。
Img_8851 その後は、一般的な観光施設や風景を楽しみ、夜は元祖・富良野カレーのお店唯我独尊(ゆいがどくそん)へ。ガイドブックに載ってるお店ってあんまり信用できないけど、るるぶの地産地消グルメの頁に載ってたので・・・。壁には来た人が貼っていった無数の名刺。地元の人も多くて安心した。6時前に入ったんだけど、それでもそのあと待ち客が出てた。辛~っ!coldsweats02 あとで見ると、ライス炊くときにもスパイス入れてるみたい。夫は自家製ソーセージ付きカレー。私はオムカレー(こっちはやや甘口)各1100円。
この日の宿は新富良野プリンスホテル。他にオリカっていうホテル気になってたけど予約取れなくて、ここに。近くにニングルテラスっていうショップエリアがあって、お楽しみはこれくらい。でも、部屋に入るとてるてる坊主が置いてあって、正しく翌日は雨っぽい予報だったから嬉しかった。可愛いしお持ち帰り~note
Img_6365 朝食はビュッフェで、パンフリークとしてはやっぱり一通り持って来ちゃう。もちろん夫と半分ずつだけど。これだけでお腹いっぱいなのよね。
富良野チーズ工房などを見て、ホテルでもらったガイドmapで「玉ねぎ発祥の地」なるものを見つけて行ってみたら、何のことはない、「富良野での」発祥の地だった。そりゃそうでしょ~よcoldsweats01 でもさすが北海道。玉ねぎ貯蔵庫なる大きな倉庫が何件かあった。
てるてる坊主の威力不足か、札幌に向かう途中、昼過ぎぐらいから雨。そのままホテルに向かうことに・・・

|

« 富良野stay① | トップページ | view@富良野&札幌stay »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富良野stay① | トップページ | view@富良野&札幌stay »