食のあれこれ

2008年5月23日 (金)

若狭がれいetc.&骨アート?

Img_6305Img_6306Img_7575 先日、親戚経由で義母から魚が届いた。舞鶴かね和の新鮮干物伯方の塩で塩漬けして、天日で乾燥保存料・着色料・酸化防止剤などは一切不使用。HPのアドレス書いてあるけど、出てこないじゃないのdash オンラインで買えると思ったのに・・・wobbly
ちりとてちんにも登場した若狭がれい。大きいのは高いのか3枚のみ。その右で口開けてるのはハタハタ(←初めて。可食部がやや少なめ)。若狭がれいの小さめのがたくさんと、みりん干しはアジ。
それから嬉しかったのが焼きサバ。これもちりとてちんでよく出てたけど、竹の棒に挟んで焼いてあるの。すごくデカイ!義母に訊いたら、これを炊く(←京都では煮るをこう言うのね)と美味しいって言うから、せっかくなので、半分はグリルで焼きなおして、残りを生姜と甘めの醤油味で。一度焼いてあるから、生臭さが残らないのか、これまたすごく美味しくいただけた。
Img_7580 届いた日の夜。平日で遅くの夕食だったけど、夫がゆっくり骨取って食べた。あまりにも骨がキレイに残っていたので・・・shine 一夜干しなので、身がふっくら柔らか。焼きすぎると台無しなので、遠目の弱火でじっくりと。あぶるように。この火加減がけっこう難しいけど、私は五徳を置いて、厚手の鉄のフライパンに、薄く油を敷いて。少しだけ蓋して蒸らすように。あ~、でもホントだったら、これを料理の達人に焼いてもらって食べたいわ~coldsweats01

| | コメント (1)

2008年2月14日 (木)

おみそ祭

Img_6106 昨日、友達から美味しい贈り物が♪友達のお気に入りの三吉麹屋のお味噌と、出雲の玉造温泉で買ってくれたもろみそ。嬉しいことに、添加物が入ってないかチェックしてくれるなど、優しい心配りに感激!
原材料は丸大豆、塩、米麹のみ。お店とかで売ってるみその表示によく、「米」って書いてあるのは、この米麹のことなのかな~。ちょっと間違った認識でいたかも。いい機会なので、某サイトでみそのお勉強
【みその定義】
主原料の大豆を蒸すか煮るかして、これに麹と食塩を加えて、発酵、熟成させた半固体状のもの。米麹を使った米みそ、麦麹を使った麦みそ、豆麹を使った豆みそがあります。
原料からみると、米みそ、麦みそ、豆みその3種類と、これらを混合した調合みそに分けることができます。みそに色の違い、濃淡の差が出るのは、発酵熟成中に起こる“メイラード反応”が原因です。メイラード反応とは、原料である大豆などのアミノ酸が糖と反応して褐色に変化すること。製品になってからも熟成がすすむので、時間がたつと色が濃くなっていきます。
【麹の原料による分類】
・米みそ⇒大豆に米麹を加えて造ったもの
・麦みそ⇒大豆に麦麹を加えて造ったもの
・豆みそ⇒主原料は大豆のみ
【味による分類】
甘みそ、甘口みそ、辛口みそというように、みそは味によって分けられます。辛さ加減は、食塩の量によりますが、もう-つの決め手は麹歩合です。麹歩合とは原料の大豆に対する米麹や麦麹の比率のこと。塩分が一定なら、麹歩合が高いほうが甘口になります。
色による分類
みそは、できあがりの色によって、赤みそ、淡色みそ、白みそに分けられます。その色は、大豆など原料の種類、大豆を煮るか蒸すか、麹が多いか少ないか、発酵の途中でかき回すかどうかなど、いろいろの条件によって、違ってきます。
・・・とのこと。なるほど~!勉強になりました。
Img_6034 で、これは風が強かった昨日の夕暮れ時の富士。

| | コメント (2)

2008年1月17日 (木)

ドライマンゴーをふやかす&ぬか漬けの水分

最近の朝のヨーグルトの食べ方。
細かく切ったドライフルーツを、前の晩にヨーグルトに沈めておく。そうすると、ヨーグルトが程よく固まって、ドライフルーツも柔らかくなって、フルーツから甘みが溶け出すから、糖分を加える必要もなし。先日パルシステム(→ココ)購入したドライマンゴーは、フェアトレードのもの。栽培の段階から薬品の使用を削減して、その代わりの防虫作業はにんにく汁や薫煙を用いた自然な方法で。普通ドライフルーツは、漂白剤(亜硫酸Na)が使われてることが多くて、さらにクエン酸や着色料なんかも入ってたり・・・。それで敬遠しがちだったけど、最近は無添加のものも見かけるようになって嬉しい。ちなみにこの商品の原材料は、マンゴー・砂糖・柑橘果汁。ほんとだったら、この砂糖もないとありがたいのだけど・・・。
Img_6050re Img_6053re それから、帰省したとき得た義母の知恵袋のひとつ。ぬか漬けで野菜から出た水分がたまることがあるけど、これは捨てちゃいけないんだって。野菜のエキスだから。どうするかっていうと、ぬかを補充。今まで何も気にせず捨てちゃってたけど、勿体ないことしてたのね。でも大根とか漬けるとけっこう大量に出るのよね~。補充してたらどんどん増えちゃいそうな・・・。でも勉強になりました~!

| | コメント (0)

2007年11月26日 (月)

パンのお供のオリーブ油

Img_5355re_3

最近パンにつけてるオリーブ油。
この間名古屋に帰省したとき、ミッドランドスクエアのDEAN&DELUCAで購入したもの。
キヨエエキストラバージンオリーブオイル(2047円/200ml)で、タグには「南オーストラリアの大自然が育んだ幻のオリーブ油 日本初上陸」とある。こういうのに弱いのよね~。
最初舐めたときは、サラッとし過ぎて物足りない感じがしたけど、それにも慣れてきて、ミクニのパンにも良く合ったし、特にナッツ系のパンにgoo
用途で変わったところでは、お刺身・冷奴・お味噌汁・アイスクリームに。とあった。全部パンでなくならないうちに、色々試してみよっと。

| | コメント (1)

2007年10月14日 (日)

何もキャベツじゃなくても・・・&赤福

我家に山とあるピーマン。これでお好み焼きを作る。
キャベツと同様、粗みじんに切って、普通に合わせるだけ。意外や意外。イケる~♪
苦味が全然なくって、私はむしろピーマンのほうが好きだな~。でも夫は「やっぱりお好み焼きはキャベツ」のよう。
Img_5349 赤福。けっこう好きで、物産展があると、一箱買って、ほとんど一人で食べちゃうぐらい好きだったんだけど、あの冷凍して再販ってのもひどいと思うけど、砂糖が原材料の半分以上っていうのが一番驚いた。どうせ、安価な白砂糖だろうし、もう絶対食べられない(‥、)

| | コメント (0)

2007年7月22日 (日)

白玉粉でポンデケージョ?

154_5431 何年か前から、パン屋さんでも見かけるようになった「ポンデケージョ」ブラジルのチーズ入りのパンだけど、ほんとはタピオカ粉が主原料なんだけど、少し前の日経土曜版に「白玉チーズパン」っていうのが載ってて、今日作ってみた。
他の材料は、小麦粉(私は南部の地粉や国産の農林61号使用)と、牛乳、パルミジャーノレッジャーノ、ベーキングパウダー、米油、塩
発酵とか不要で、耳たぶのかたさになるまでこねて丸めて180度で20分。
パン屋さんのポンデケージョまではいかないけど、それに近い感じになった。モチっとして、これはこれで割とイケる。夫もお気に召したよう。

154_5428 昨日の蒸し器。
じゃがいも・人参・海老シュウマイ。ポテトサラダなどを作るのに、一度に投入。しかも、この下のお湯には卵も・・・。でも、高さが少~し足りなくて、ひびが入った。でも、このお陰で、いい具合にツルっと皮がむけてlucky♪人参のあとには枝豆も。5種類もまとめて調理できて我ながら天晴れ。
ポテサの具材は、ゆで卵・海老シュウマイ・きゅうりのみ。マヨネーズをヨーグルトでのばして和えた。シュウマイがけっこういい働きをしてgoo

| | コメント (0)

2007年7月19日 (木)

お取り寄せパン♪&「長寿遺伝子」をONにする運動

154_5416 お気に入りのameen's ovenのパンが届いた。
夏のおすすめセットに雑穀パンノルマンディ・ライを追加オーダー。
届いてさっそく切り分けて、みみや奇数になったものを少しずつパクリ。魚焼グリルで温めながら、切り分けて・・・。あ~幸せ♪♫♬
特に美味しかったのはパン デュカ デュカというエジプトでよく使われるミックススパイスを使ったパン。もうオリーブオイルつけて食べると美味しいことと言ったら!
このオリーブオイルがまた美味しいからね~。谷井農園のものだけど、以前お試しで250mlを525円で取り寄せたもの。今あるストックがなくなったらオーダーしようと思うんだけど、あら、このサイト、やる気がないのか、値段の表記もないし、ダメじゃん。
とっておいた説明書きを見ると・・・
エキストラバージンオリーブオイル500ml 税込1680円
でも8000円未満だと、送料が600円かかっちゃうみたい。
生協palsystemの「有機のオリーブ油」もかなり美味しくて、180mlで504円。う~ん、送料かかるとなると考えちゃうな~。
そう、パンに戻ると、ラスク・デ・チャイも逸品!
154_5423_4 154_5426154_5424154_5425154_5427_1154_5419_1154_5421154_5422今回は商品2770円+送料630円で3400円也
ほとんどオーガニックな材料だから、良心的な値段だと思う。季節ごとに一回の贅沢な楽しみ♪しかし、私って、つくづく記録魔

ところで、今日は久々にストレッチやエクササイズに精を出した。新たに加えたメニューは「尻歩き運動」(参照→ココ)
膝の間にクッションなどを挟んで強く締め付けると、骨盤の筋肉の長寿遺伝子を活性化できるそうな・・・
前後に10歩ずつで、毎日朝晩2往復が目安。最初は、けっこうキツイ(‥、)
あと、今日のお昼のみのもんたでやってた、腰まわし運動。以前ストレッチ講座で習ったとき、ゴムバンドを使っていたので、私も購入。今日はフル活用して筋力upのエクササイズもしてみた。ホントは毎日少しずつするのがイイのよね~。

| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

新生姜の天ぷら&テンペのレシピ

昨日の届いた生協palsystemの新生姜。甘酢生姜を作ってみたくて初めて購入。産地のおすすめのレシピが入っていて、甘酢生姜はもちろん、天ぷら・生姜めしが載っていた。
昨日は細くなったところや、色が変わったところを少しだけ天ぷらに。今朝は今晩の生姜めし用に少し残して、あとは甘酢に漬けた。意外なことに、生姜はさっと水にさらして、その上、サッと湯通しするんだって。そのまま漬けるかと思ってた。砂糖は、粗糖を使ってるから色は濃い目。どうなるかしら・・。3日ほどで味がなじんで、2~3ヶ月は冷蔵保存出来るそうな。
生姜めしは、米3カップに対して、酒大さじ2、醤油大さじ1、塩小さじ1/2を入れて、普通の水加減にして、新生姜80g(千切り)を載せて炊く。
甘酢生姜を作るとき、紫色になったとこや、堅いところを削ぐんだけど、この部分を天ぷらにしたら良かった~。というのも、細いところを選んだんだけど、それでもちょっと辛かった。色が変わったとこなんかは、風味があってそんなに辛くなくて、すごく美味しかったから。甘酢を先に作ればよかったと後悔(‥、)

154_5403 あと、久々にマクロビな食材テンペを使った料理。
以前、レシピのサイトで、テンペを使ったものを集めておいた中から、テンペと厚揚げの天ぷら。オリジナルのレシピははコロッケで、小麦粉をまぶして・・・だったけど、これも天ぷらにしてしまった。
テンペと、厚揚げ各1パックをフードプロセッサーにかけて・・・(どうしてもFPのブレードが見つからなくて断念。すりこ木で潰す)青じそ・味噌を適当に加えて、丸めて衣にくぐらせて揚げる。これチョット柔らかくて扱いにくかった。お麩を粉々にして混ぜればよかったかも。でも、外はカリっ、中はジューシーで美味しかった。

154_5402 あと、昨日のお昼のオープンサンド。
カジキまぐろをハーブを使った衣でカツにしたものを、グラハム食パンにはさんで・・・タルタルは、松田のマヨネーズを使用
。今回使う段になって気付いた。辛口だ~。今まで気にせず買ってたけど、いつも甘口だったのかな~。でもこれ、辛口とは言え、全然辛くない。いつも買ってたのは・・・?直接舐めたりしないから分からないけど、辛口だったのかも。

| | コメント (0)

2007年7月 9日 (月)

東京memo>food

この金曜から、夫が仕事で東京一泊するのに便乗して私もお出掛け♪
両日とも雨が降らなかったのはイイけど、金曜はすごく暑かった。日傘は必携だけど、東京の人(かどうかは分からないけど)は日傘差してる人少な~い!私も人が密集してるところでは危なくて差さなかったけど、そうじゃないところでも日傘をほとんど見かけなかった。何でだろう・・・?

金曜は、10時過ぎの特急で11時半過ぎに新宿。
とりあえず、夫のお泊りセットとかも持たされてるし、ホテルへ直行。東新宿のサンルートだけど、遠いったら!なんでこんな辺鄙なところにしたのよ~。あとで訊いたら、4月にオープンしたばかりで、人気らしいとのこと。確かに。部屋は小じゃれていて、TVも薄型で大きかったし、調度品も私好みだったけど・・・

070706_124601_1 荷物だけ預けて、伊勢丹のAENっていう旬菜料理の店に行きたかったけど、暑さで身体もしんどかったし、おなかもペコペコで辿り着けなくって、ISETANのパークシティのhalf Sweetsという資生堂パーラーの経営のカフェでランチ。
日本で初めて取り入れたローフード、オーガニックメニューのお店。
カレーランチ1000円をオーダー。ところが、これってカレー?っていう感じの味。薬っぽい味でガラムマサラの香りだけやたら強い感じ。薬膳と思って食べたけど、決して美味しいものじゃなかったわ。
ここのローフードってのが「自然食材がもつ酵素を、そのまま生かすために48℃以下の低温で調理する~出来るだけ生の状態で食べる~ニューヨーク発の究極の食事法」らしいけど、訊いたら、さすがにこのカレーはそうじゃなかったわ。

この夜、夫と7時半過ぎに紀伊国屋で落ちあってから、夫のベルトやシャツなどを見て、ホテルに向かう途中でごはんと思ってたのに、目ぼしい店がなくて、結局ホテルの1Fのロイホに入ることに・・・トホホ
昼のはカレーじゃなかったから、おっとのカレーセットをつまみ食い。私はハッシュドビーフハンバーグ。カロリーは気になったけど、この日の歩数は17475歩。これくらい平気でしょ。

次の日は、夫は講演会のため、いち早く大手町へ。
私は11時ごろから丸ビルのバーゲンへ。12時過ぎに新丸ビルで待ち合わせして、新丸をひとまわり。ここの地下が面白かった。
POINT ET LIGNE(ポワンエリーニュ)というパン屋さん。
一風変わったパンばかりで面白かった。どれも高いんだけど、パン好きとしてはチョットは買っとかないと。
153_5374_1 長方形のはガレットトマト(トマトのコンフィチュール)250円。長細いのはアン ビザー(オリーブの香りのアンパン)180円。丸いのはポワン ショコラ ブラン(ショコラブランのガナッシュ)280円。あんパンは冷凍中だけど、ガナッシュはほんと美味しかった♪ケーキみたい。ガレットもお菓子っぽかった。でも高過ぎ(`ε´)

153_5379_1 新宿と新丸ビルで、紅茶もめいっぱい購入。
茶の愉で有機のダージリン(シーヨク茶園)100gで2800円。SANCHA TEA(インド国営紅茶局認定品)のダージリンとニルギリ各25gで700円。新丸ビルのNATULUREの茶葉はフェアトレードか有機栽培で、鮮度を保持のため瓶詰めにて売られている。ここで、有機ダージリン(アンブーティア農園)43gで1071円。徳島の無農薬ゆずの皮と、有機アッサムのブレンド40gで1890円。←試飲したけど、夏はアイスにすると美味しそうだから買ってみた。

153_5380_1 新丸ビルの地下にある日本の御馳走 えんという店は私好み。無添加のものとかオーガニックなものが揃ってる、そこでキレイなgreenに魅せられて豆のお菓子と、有機の緑茶を購入。
このお店では、帰りの車中のお弁当も購入。添加物はアミノ酸ぐらいで、野菜たっぷりでなかなかヨカッタ。

しかし、新丸ビルはすごい人!お昼は土曜ってこともあって何処も並んでて、唯一7FのSO TIREDってお店がすぐ座れそうだったので、自由ヶ丘グリルはあきらめて、そのお店に・・・。
ゴルゴンゾーラのグリルチキン1000円。
蟹チャーハン海老チリあんかけ1500円。驚いたのは、この値段でスープ・小菜・(チキンには)パン、その上ドリンクまで付いてたこと。足りないかも・・・と別に頼んだ春巻は要らないぐらい。もうお腹いっぱい。ビックリのランチだった。

| | コメント (1)

2007年7月 1日 (日)

冷製パスタ&オリーブ油&サバティーニ

153_5362 昨日のお昼は冷製パスタ
時間通り茹でたらざるにとって水で冷やして、リードのクッキングペーパーでしっかり水気を取ってから、オリーブ油をからめて、スモークサーモンを混ぜて冷やしておく。茹でるときの塩は、いつもよりさらにきつめにしたし、スモークサーモンの塩分もあるから、もう塩分は足さない。
で、トマトはカットして、塩と少しのオリーブ油をからめて、これも冷やしておく。
器に、パスタを盛って、トマトをトッピング。
トマトから水分が出たものは、ソースっぽくなってるので、これも一緒に
友達曰く、パスタを冷やすときに、水にとらずに、氷で冷やすらしい。今回またもや氷を作っておくのを忘れて実験出来ずじまい。パスタが凍りにくっ付きそうだけど、うまくパスタの水分が取れて、味がからみやすくなるのかも・・・

オリーブオイル大好き♡
GW頃、近くのデパートでイタリアフェアをやったとき、オリーブ油をしこたま買ってきた。
そのときの記録を忘れてたからup
149_4998_r1 中でもチョット高価だったオリーブ油は、デリエッラのオーガニックオリーブオイル。250mlで3360円!あと、去年も買ったけど、ベリッシモが扱ってる有機栽培のプリモ。500mlで3150円青リンゴの風味という謳い文句に魅かれて買ったのが最初。すごく爽やか。149_4997_r1

149_4999_r1 ついでに、その頃通販のお試しで買った、谷井農園の、これもオーガニックのもの。通常500mlが1680円だけど、お試しで250mlで525円。昨日のパスタはこれを使用。

イタリアフェアに戻って、そのときサバティーニが特別に出展していて、パスタランチを食べた。
前菜とパスタ・デザート・コーヒーが付いて、税込みで1350円は破格だと思う。もう大満足♪人手が足りなかったのか、シェフ自らパスタ運んできてくれてビックリ。

149_4993149_4996149_4995

| | コメント (1)